「 マンガ 」一覧

スポンサーリンク
京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

ミステリーをメインとして有名な小説家である京極夏彦氏。その京極氏がかつてマンガを描いたというのをご存じの方はどのくらいいるでしょうか。それは既存の小説、もしくは文字で書いた脚本を原作として誰か他のマンガ家が描くというものではなく、原作、ネーム、そして作画も分担した「合作」として、とり・みき氏と組んで作成したもの。そのタイトルの名前は『美容院坂の罪つくりの馬』。1998年の作品です。 ...

今後は50巻、100巻に到達するマンガは生まれにくくなる

今後は50巻、100巻に到達するマンガは生まれにくくなる

前回、こち亀以外で巻数を重ねているマンガについて書きました。 しかしこれらはすでにもう何十年前にも連載が始まった作品ばかりです。『ゴルゴ13』『浮浪雲』に関してはこち亀以前からの連載です。 では、これから連載がスタートする作品で、200巻を越える作品は出るでしょうか。いや、個人的には200巻どころか100巻、いや50巻以上でも難しくなると思っています。というのは、長寿連載が始ま...

マンガ雑誌のアンケートはがき送付は今もなお重要という話

マンガ雑誌のアンケートはがき送付は今もなお重要という話

私は学生時代からマンガ雑誌を読みあさっていましたが、その頃から雑誌に決まってついている「アンケートはがき」を送っていました。ちなみにアンケートにつきもののプレゼントですが、当時は出版不況と言われる前の時代だったので結構豪華で、講談社とかでは1000名様プレゼントとかもありましたし(雑誌連動ですが)。だから家電製品1名様とかは当たってませんが、グッズとかならけっこう当たっていました。サイン色紙とかも...

同人誌の感想をブログに書くのはいまだに難しく思う話

同人誌の感想をブログに書くのはいまだに難しく思う話

夏のコミケも終わりました。 行かれた方では、お気に入りの同人誌を手に入れられた方も多いことでしょう。 しかしながら、ネットで、とりわけブログでそれら同人誌の感想というものは、商業誌などに比べて見る機会は圧倒的に少ないです。もちろんないわけではないく、書いてあるブログはもちろんありますし、Twitterではそれらの感想を挙げている人もけっこういます。さらにそれを書いた人本人が拾って喜ばれてい...

マンガ感想等における短文更新開始の予定

マンガ感想等における短文更新開始の予定

滞りがちになっていたのでお久しぶりです。 今までこのブログでは比較的長文でのマンガ感想が多かったですが、それ故にマンガを読んでいて感想など思うことがあっても、気構えてしまい、時間の都合でそのままスルーということが多くなってきました。 でも、それではもったいないですし、今後は短いエントリーでも気になるものがあれば積極的に書いてゆく傾向にしようと思います。もちろんがっつり書きたいときは長文...

「すごいマンガ」ではなく、「好きなマンガ」について書いてゆきたい

「すごいマンガ」ではなく、「好きなマンガ」について書いてゆきたい

あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いいたします……とはいえ、去年は更新がほとんど出来ない状態だったのですが、読むのを止めているわけではなく、むしろ増えている情況なのですね。ただ、読む時間を増やすとその分ブログの更新に取られる時間がなくなるというジレンマに加え、仕事の量も増えていましたので、去年の更新の少なさとなったわけです。今年はいろいろと整理も出来ましたので(主に時間、及び部...

藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』18巻がスゴい(分解ドライバー的意味で)

藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』18巻がスゴい(分解ドライバー的意味で)

自分は『藤子・F・不二雄大全集』を一括予約しており(予約すると予約特典が手に入るので)、月末に定期的に送られてきます。このシリーズもすでに第三期となり、お金のほうもそうですが何より置き場所がかなり困ったことになってきていますが、どれも非常におもしろいもので後悔はしていません。 そのF先生の作品の中でも特に有名なものと言えばやはり『ドラえもん』でしょう。そして話数も多く、この大全集でも第一期か...

スポンサーリンク