「 青年マンガ感想 」一覧

スポンサーリンク

読んでみた青年マンガの感想記事カテゴリ。

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

ミステリーをメインとして有名な小説家である京極夏彦氏。その京極氏がかつてマンガを描いたというのをご存じの方はどのくらいいるでしょうか。それは既存の小説、もしくは文字で書いた脚本を原作として誰か他のマンガ家が描くというものではなく、原作、ネーム、そして作画も分担した「合作」として、とり・みき氏と組んで作成したもの。そのタイトルの名前は『美容院坂の罪つくりの馬』。1998年の作品です。...

『ドリフターズ』『小林さんちのメイドラゴン』『隣人を妹せよ』等最新刊感想

『ドリフターズ』『小林さんちのメイドラゴン』『隣人を妹せよ』等最新刊感想

Amazonのほしいものリストを公開している中から数冊マンガを頂きました。誠にありがとうございます。頂いたのは『ドリフターズ』(平野耕太)の5巻、小林さんちのメイドラゴン(クール教信者)の4巻、『もののけ◇しぇありんぐ』(クール教信者)の2巻、『隣人を妹せよ』(森乃葉りふ)4巻の4冊。

『ぱらのいあけ~じ』(クール教信者)短文感想

『ぱらのいあけ~じ』(クール教信者)短文感想

現在『小森さんは断れない!』がアニメ放映されているクール教信者さんの単行本。掲載は成年誌(アンスリウム)だったけど、単行本は一般向け。主人公の水木はエロマンガ家の女性で、基本はその生活、主に仕事におけるシーン中心のギャグマンガ。主人公めんどくさい性格&下ネタギャグとばしまくり。でもそれがなんかかわいい。マンガ家の仕事における周辺事情などが多く、そこもおもしろさのひとつ。ちなみに自分...

平面を舞台にしたSFマンガ『大平面の小さな罪』の引き込まれる展開

平面を舞台にしたSFマンガ『大平面の小さな罪』の引き込まれる展開

昔、自分がマンガのことについて書くブログを作った理由の一つに、岡崎二郎作品を広めたいという理由があったと述べたことがあります。それくらい岡崎氏の作品は自分にとってとても影響を受けた作品であり、以来岡崎氏のマンガはすべて集めています。さて、そんな岡崎氏の著作の中でもお気に入りのひとつに『大平面の小さな罪』という作品があります。これはかつて小学館から出ていたのですが、この度エンターブレ...

学園祭を舞台に展開されるそれぞれのドラマ~『銘高祭!』

学園祭を舞台に展開されるそれぞれのドラマ~『銘高祭!』

先日読んだ『銘高祭!』。これは『眼鏡なカノジョ』『眼鏡とメイドの不文律』といったメガネ女子&男子を多く描かれているTOBIさんが『まんがタイムフォワード』で連載していた作品です。ちなみに過去の作品もいい感じのものなので、ほのぼの恋愛系とかメイド系が好きな人にはおすすめです。■参考:『眼鏡なカノジョ』と犬上すくねマンガ、その眼鏡への愛 - 空気を読まない中杜カズサ  ...

『孤独のグルメ』の谷口ジロー感動の短編集『犬を飼うと12の短編』

『孤独のグルメ』の谷口ジロー感動の短編集『犬を飼うと12の短編』

マンガ家、谷口ジロー氏をご存じでしょうか。名前で思い浮かばなくても、絵はご存じの方も多いと思われます。それはあの作品の作画を担当されているので。そう、『孤独のグルメ』の作画を担当されているのが谷口ジロー氏(原作は久住昌之氏)。おそらくネットユーザーによる知名度は、この作品からという人が多いでしょう。 しかし、当然谷口ジロー氏はその他にも数多くの作品を発表しています。といっても、『...

羽海野チカ『3月のライオン』を読み直すことで発見するもの

羽海野チカ『3月のライオン』を読み直すことで発見するもの

『3月のライオン』の3巻を購読。これは『ヤングアニマル』で連載(不定期連載)されている、『ハチミツとクローバー』の海羽野チカ先生のマンガで、題材は将棋。ただ既存の将棋系マンガのようにその勝負に重きが置かれているというよりは、子供時代からいろいろと過酷なことが降りかかった環境よりプロ棋士となった17歳主人公の少年、桐山零の周辺が物語の主な要素となっています。ですが棋譜もプロ棋士の先崎...

スポンサーリンク