「 その他マンガ感想 」一覧

スポンサーリンク

読んでみたマンガの感想記事で、少年、青年、4コマに属さないもののカテゴリ。

『百姓貴族』(荒川弘)5巻感想

『百姓貴族』(荒川弘)5巻感想

荒川弘『百姓貴族』の5巻を購入。オビには「累計220万部突破」ということで、現代のエッセイコミックとしては、異例の売り上げになっているようです。 隔月なので50話の時点で連載から10周年ということ。そしてこのブログで1巻の感想を書いてから、もう7年も経つのだなあ……。

『百姓貴族』(荒川弘)4巻短文感想

『百姓貴族』(荒川弘)4巻短文感想

『百姓貴族』(荒川弘)4巻購入。1巻について書いたのが2010年だったので、もう6年も経つのですな。その間にハガレン終わったり『銀の匙』が始まったりアニメ化したり。その性でこちらのマンガの知名度も上がった感じがします。相変わらず、農業のエッセイコミックとしても、ギャグマンガとしても面白い。今回際立っているのは親父さん不死身伝説(&家畜が生贄になる話)と、牛乳...

『ゆかいなお役所ごはん』(くらふと)短文感想

『ゆかいなお役所ごはん』(くらふと)短文感想

感想を一言で言うと、農水省(の食堂)に行ってみたくなる。油が染みたナス食べたい。お役所の社員食堂などの食べ歩きとインタビューレポ。絵柄が杉浦茂調なのが特徴なので、本屋で買うときに間違えて青林工藝社の棚に置かれてないかと思ったがそんなことはなかった。自分はかつて退職と再就職の合間に裁判傍聴とか国会図書館とかあちこち回って、その時金もないので(官公庁街の飲食店は高いのです)よく公的施設...

クール教信者作品における世界繋がり(『旦那が何を言っているかわからない件』等)

クール教信者作品における世界繋がり(『旦那が何を言っているかわからない件』等)

この秋、ニコニコ動画120万アクセスをするなど、地味に人気がある通称壁殴りアニメ『旦那が何を言っているかわからない件』。 さてこの作品、一応出典は一迅社の単行本となっていますが、大元はWebで連載されていた4コママンガというのはわりと有名で、現在でもしっかり見られます。■旦那が何を言っているかわからない件・旦那が何を言っているかわからない件 - クール教信者...

幼なじみ同士達のほんわかとした青春ラブコメ『ココロ君色サクラ色』

幼なじみ同士達のほんわかとした青春ラブコメ『ココロ君色サクラ色』

このブログではお久しぶりです。というか日付を見てみると前回の更新が去年だったので、ここは今年初の更新となるのですな。ちょっと今年に入ってから個人的なことがさらにいろいろとあって、ここのブログまで書けませんでしたが、その期間もマンガは積み上がる程読んでいました。そして多少時間の出来た今、それらについていろいろ書きたいのですが、とりあえず今日は雑誌連載の時から注目していた桑原草太先生の『ココロ...

農業をしていた立場からの貴重なエッセイコミック、『百姓貴族』

農業をしていた立場からの貴重なエッセイコミック、『百姓貴族』

荒川弘さんといえば、先日長期の連載を終えて終了した『鋼の錬金術師』の作者として有名でしょう。ごく少数の人だけ『ゲーパロ4コマグランプリ』を思い出しているかもしれませんが。鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)さて、その荒川さんがスクエニ以外でもマンガを連載し、単行本を出しているのはご存じでしょうか。それは、これ。百姓貴族 (WINGS COMICS)...

秋葉原駅前にバスケットコートがあった時代の青春~『トランジスタティーセット』2巻

秋葉原駅前にバスケットコートがあった時代の青春~『トランジスタティーセット』2巻

里好『トランジスタティーセット ~電気街路図~』2巻読了。ちなみに帯で隠れている表紙の片隅に、同じ作者の『うぃずりず』のりずがいたりする。そういえばこちらの舞台も浅草とか下町だから、そんな秋葉原から遠くないんだよなあ。

二次創作の壁を超えた『にょろーん ちゅるやさん』という存在

二次創作の壁を超えた『にょろーん ちゅるやさん』という存在

ちゅるやさんの単行本限定版、『にょろーん ちゅるやさん めがっさ限定版』が発売されました。にょろーん ちゅるやさん めがっさ限定版既に有名なのでご存じの方も多いでしょうが、『にょろーん ちゅるやさん』はもともとライトノベルやアニメなどで人気の出ている『涼宮ハルヒの憂鬱』に出てくるキャラ、鶴屋さんをディフォルメ化したキャラ達が活躍(?)するコミカルシュールな4コマです。そ...

スポンサーリンク