スポンサーリンク

本日買ったコミック(2017/7/18)

所用があって池袋まで行ってきたのですが、その時丁度豪雨。しかも雹まで降ってきたところに直撃しました(幸いビックカメラ店内にいましたけど、店頭が大変そうだった)。

夏の雹2017 

その後書店に飛び込みマンガを買ってきたのでそれを。

マンガ20170718

続きを読む

最近週刊少年サンデーのマンガが面白くなっていると感じる

最近週刊少年サンデーのマンガが面白くなっていると感じる

今年に入ってずっと忙しかったためにこのブログ含めてほとんど更新出来ていませんでしたが、やっと余裕が出てきてマンガとかゲームもそれなりに楽しめるようになってきています。さて、突然ですが、2年ほど前に少年サンデー誌上において、編集長の宣言文が出て話題になったのを覚えていらっしゃるでしょうか。当時、それまでの少年サンデー周辺でのゴタゴタとした話題がいろいろありましたので(ここでは詳しくは触れませ...

4コママンガ『毎日が新選組!』主人公「春」の正体はあの人なのか?

4コママンガ『毎日が新選組!』主人公「春」の正体はあの人なのか?

ここ半年くらい、マンガは読んでいてもそれについてブログで書く余裕がないような状態でしたが、マンガは相変わらず読んでました。そこで今日は雑誌連載でクライマックスが近そうになっている4コママンガ『毎日が新選組!』についてかなり気になっている点があるので書いてゆこうと思います(ネタバレ、及び私の推測での展開予想がありますのでご了承の上お読みください)。

今のマンガ単行本出版事情と読者認識のすれ違い

今のマンガ単行本出版事情と読者認識のすれ違い

もし、「マンガ雑誌で連載したマンガ作品は必ず単行本が出る」、「単行本は出たら必ず連載終了までの巻数が出る」、「単行本はたとえ売り切れても廃版にならない限り増刷がかかり続ける」とこのブログで書いたなら、おそらく今では簡単にマンガ家のどなたかの方の目に入り、「そんなわけあるかい!」というツッコミが入ると思います。これはマンガ家のみならず、多少マンガ業界のことを知っている人であれば、これが必ずしも正しく...

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

ミステリーをメインとして有名な小説家である京極夏彦氏。その京極氏がかつてマンガを描いたというのをご存じの方はどのくらいいるでしょうか。それは既存の小説、もしくは文字で書いた脚本を原作として誰か他のマンガ家が描くというものではなく、原作、ネーム、そして作画も分担した「合作」として、とり・みき氏と組んで作成したもの。そのタイトルの名前は『美容院坂の罪つくりの馬』。1998年の作品です。...

スポンサーリンク