スポンサーリンク
週刊少年マガジンの巻末マンガ『もう、しませんから。』の存在について考えてみる

週刊少年マガジンの巻末マンガ『もう、しませんから。』の存在について考えてみる

以前『マンガ雑誌における「巻末マンガ」について考えてみる 』というエントリーで様々な巻末マンガに触れましたが、その中で週刊少年マガジンの巻末をにある西本英雄氏の『もう、しませんから。』についても触れました。これはレポート式マンガなのですが、以前からこれについては考えていることがいろいろあったので、ちょっと書いてみようと思います。

巨匠・あだち充の兄、あだち勉という破天荒な人物の存在

巨匠・あだち充の兄、あだち勉という破天荒な人物の存在

今週の少年サンデーは、50周年記念でした。さて、今号は週刊少年サンデーを長い間支えてきた大御所、あだち充氏と高橋留美子氏の合作が載っていました。それは両マンガ家の少年時代からマンガ家として大成するまでのエピソードを描いたもので、2人の目を通した昭和マンガ史みたいになっていて興味深いです。さて、ここで私が注目したのは、あだち充氏をデビューさせるきっかけとなった兄の存在。マンガ...

マンガ雑誌における「巻末マンガ」について考えてみる

マンガ雑誌における「巻末マンガ」について考えてみる

マンガ雑誌を買うと、その号のイチオシマンガ(○周年記念も含む)がトップページになることは多いですね。よく言う「巻頭カラー」ってもの。では、その雑誌における巻末には、どのようなマンガが来るのでしょうか。こう書くと、「一番人気のないマンガ」を連想する人がかなり多いのではないでしょうか。それは前述のように巻頭がイチオシ作品、すなわち一番の人気作などが多いのとは反面、巻末はそうではない、すなわち人...

夜麻みゆき6年ぶりの単行本『トリフィルファンタジア』は優しいファンタジー

夜麻みゆき6年ぶりの単行本『トリフィルファンタジア』は優しいファンタジー

はてなのほうで夜麻みゆきさんのマンガがGファンタジーにて新連載を開始したというエントリーを書いたのが昨年の1月。■久々に復活の夜麻みゆきマンガ『トリフィルファンタジア』は穏やか&かわいいファンタジー - 空気を読まない中杜カズサで、昨年末、とうとう単行本が発売されました。

ラストに子供が出来てハッピーエンドになるマンガ

ラストに子供が出来てハッピーエンドになるマンガ

※本日はそのエントリーの性質上、ラストシーンにおけるネタバレが多いのでご注意ください。いきなりですが、10年以上前の話。1996年にPCゲーム(エロゲー)で『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』というものが出ました。それはPC-98からWindows95にゲームの中心が移り変割っている時代のPC-98の最後の名作と呼ばれ、人気を博しました。そして当時まだ黎明期だった日本のインターネットで...

無料で見られる企業Webコミックサイトまとめ

無料で見られる企業Webコミックサイトまとめ

 ※2014/12/10注……この記事は2009年3月のものです。比較的新しいリストは、ページの「Webコミックサイトまとめ | 空気を読まずにマンガを読む」をご覧ください。一応下のも当時の物として残しておきますが、リンク切れは随時消します。前回、出版社が運営するサイトのWebコミックのこれからについてちょっと書いてみましたが、今日は実際に現在、出版社や編集プロダクションなどの企業...

スポンサーリンク
 
 
About  contact
About Sitemap contact