「 4コママンガ紹介 」一覧

スポンサーリンク
壁殴りしそうな男女恋愛っぷりが見られる4コママンガ

壁殴りしそうな男女恋愛っぷりが見られる4コママンガ

最近ネットにおけるアニメの感想を見ていると、あまりに主人公とヒロインがイチャイチャしているが故思わず壁を殴りたくなるというような衝動に駆られる「壁殴」発言がよく見られることがあります。たとえば『氷菓』とか、『ソードアートオンライン』などにおいて。特に最近増えて来たようですね。壁殴り代行も大忙し。余談ですけどこの壁殴り代行のAAはネットで結構昔からありますけど、アニメとかで広く使われ出したの...

4コママンガにおける幼なじみカップルもの(萌え系4コマ編)

4コママンガにおける幼なじみカップルもの(萌え系4コマ編)

前回は4コママンガの中で、一般系4コマ雑誌(この言い方もちょっと違和感を覚えますが、他の言い方がないので)で載っているマンガのほうの幼なじみものを書きました。では、『まんがタイムきらら』などのいわゆる萌え系4コマ雑誌のほうはどうでしょうか。ちょっと抽出してみました。 ちなみに「高校生もので、中学生からの同級生」というのは今回幼なじみカップルとはみなさないとします。

4コママンガにおける幼なじみカップルもの

4コママンガにおける幼なじみカップルもの

「幼なじみの少年と少女の微妙な距離」を扱っている、いわゆる幼なじみものというのは少年マンガでは昔から王道と言われるものです。しかし、現在振り返ってみると、現在、幼なじみのキャラ同士が恋愛、もしくは友達以上恋人未満で話が展開する作品というのは、(あくまで私の体感的にですが)減ってきているように思えます。さすがに、このパターンはマンネリになってしまったからでしょうか。むしろゲームのほうでは増えている気...

「お前ら早くくっついちゃえよ」とツッコミを入れたくなる4コママンガ

「お前ら早くくっついちゃえよ」とツッコミを入れたくなる4コママンガ

昔から主人公とヒロインがいて、それぞれが想いあって、その後結ばれるというパターンはマンガの王道となっています。しかし一口にそう言ってもそのパターンは様々です。そして昔のマンガで多かったのは、ヒロインが主人公のことを想い続けていたのをラスト間際になって気がつき、結ばれるパターン(もしくはその逆)。ある意味王道ですね。しかし、中には片方だけではなく、両方、つまり主人公やヒロイン、もしくは脇役同...

萌え系4コマの異色作品

萌え系4コマの異色作品

近年『ひだまりスケッチ』や『けいおん!』『GA』『かなめも』といった萌え系4コマが続々とアニメ化されています。そしてなんとなくこのジャンルのイメージらしきものがややついてきたような感じがあります。それは文字通り萌え系ですが、とりわけ女性同士の友情、時には百合的な交流が多いとか。まあ個人的にはそっちより男女間恋愛的な方が好きなのですが。■参考:萌え系4コマにおける男女恋愛が描かれているマンガ...

萌え系4コマにおける男女恋愛が描かれているマンガ

萌え系4コマにおける男女恋愛が描かれているマンガ

※この文章は2009/2/6に書かれたものですので、当時の情報になります。近年新しく出てきたマンガ界の勢力として『萌え系4コマ』があります。さて、これらの特徴としては『萌え系』なのは言うまでもありませんが(まあその「萌え」を言葉にすると難しいので、ブルースなリーさんの如く「Don't think. Feel!」と言うしかありませんが)、それ以外に「百合的の要素が強いマンガが...

「ニートマンガ」について語ってみる

「ニートマンガ」について語ってみる

ラブやんの最新刊、11巻が出ました。本編一人暮らしを初めてニート脱出の一歩目か、と思いきやいつも通りだったり。さて、今回の巻末では田丸氏が講談社の忘年会に言ったレポートが描かれていましたが、その折『ああっ女神さまっ』の藤島先生に会い、「ラブやん自体が女神さまのパロディなのでお会いするの怖かったけど優しい方でホッとする」と書いてありました。そこで気付いたこと。ああ、そ...

スポンサーリンク
 
 
About  contact
About Sitemap contact