「 マンガ 」一覧

スポンサーリンク

マンガ紹介、分析など全般の記事カテゴリ。

今のマンガ単行本出版事情と読者認識のすれ違い

今のマンガ単行本出版事情と読者認識のすれ違い

もし、「マンガ雑誌で連載したマンガ作品は必ず単行本が出る」、「単行本は出たら必ず連載終了までの巻数が出る」、「単行本はたとえ売り切れても廃版にならない限り増刷がかかり続ける」とこのブログで書いたなら、おそらく今では簡単にマンガ家のどなたかの方の目に入り、「そんなわけあるかい!」というツッコミが入ると思います。これはマンガ家のみならず、多少マンガ業界のことを知っている人であれば、これが必ずしも正しく...

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

京極夏彦も絵を描いたとり・みきと合作マンガ『美容院坂の罪つくりの馬』

ミステリーをメインとして有名な小説家である京極夏彦氏。その京極氏がかつてマンガを描いたというのをご存じの方はどのくらいいるでしょうか。それは既存の小説、もしくは文字で書いた脚本を原作として誰か他のマンガ家が描くというものではなく、原作、ネーム、そして作画も分担した「合作」として、とり・みき氏と組んで作成したもの。そのタイトルの名前は『美容院坂の罪つくりの馬』。1998年の作品です。...

今後は50巻、100巻に到達するマンガは生まれにくくなる

今後は50巻、100巻に到達するマンガは生まれにくくなる

前回、こち亀以外で巻数を重ねているマンガについて書きました。しかしこれらはすでにもう何十年前にも連載が始まった作品ばかりです。『ゴルゴ13』『浮浪雲』に関してはこち亀以前からの連載です。では、これから連載がスタートする作品で、200巻を越える作品は出るでしょうか。いや、個人的には200巻どころか100巻、いや50巻以上でも難しくなると思っています。というのは、長寿連載が始ま...

マンガ雑誌のアンケートはがき送付は今もなお重要という話

マンガ雑誌のアンケートはがき送付は今もなお重要という話

私は学生時代からマンガ雑誌を読みあさっていましたが、その頃から雑誌に決まってついている「アンケートはがき」を送っていました。ちなみにアンケートにつきもののプレゼントですが、当時は出版不況と言われる前の時代だったので結構豪華で、講談社とかでは1000名様プレゼントとかもありましたし(雑誌連動ですが)。だから家電製品1名様とかは当たってませんが、グッズとかならけっこう当たっていました。サイン色紙とかも...

同人誌の感想をブログに書くのはいまだに難しく思う話

同人誌の感想をブログに書くのはいまだに難しく思う話

夏のコミケも終わりました。 行かれた方では、お気に入りの同人誌を手に入れられた方も多いことでしょう。しかしながら、ネットで、とりわけブログでそれら同人誌の感想というものは、商業誌などに比べて見る機会は圧倒的に少ないです。もちろんないわけではないく、書いてあるブログはもちろんありますし、Twitterではそれらの感想を挙げている人もけっこういます。さらにそれを書いた人本人が拾って喜ばれてい...

スポンサーリンク