『百姓貴族』(荒川弘)4巻短文感想

『百姓貴族』(荒川弘)4巻購入。

1巻について書いたのが2010年だったので、もう6年も経つのですな。

その間にハガレン終わったり『銀の匙』が始まったりアニメ化したり。その性でこちらのマンガの知名度も上がった感じがします。

相変わらず、農業のエッセイコミックとしても、ギャグマンガとしても面白い。

今回際立っているのは親父さん不死身伝説(&家畜が生贄になる話)と、牛乳関連の話。

ちなみにニュースでバター不足、牛乳不足と言っていると、このマンガで書かれていたことが思い浮かんだりします。

5巻は1年半後くらいかな。あと冊子版にあわせて全巻Kindle版が出てました。
B01CNFHA7K
百姓貴族(4) (ウィングス・コミックス) : 荒川弘

スポンサーリンク
 
About  contact
About Sitemap contact